オーバーローンのデメリットとは?

query_builder 2023/07/01
コラム
1

オーバーローンには、どのようなデメリットがあるのでしょうか。
不動産投資サイトの一部で勧められているオーバーローンには、デメリットや契約違反となるケースが存在します。
そこで今回は、オーバーローンについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。
▼オーバーローンのデメリットや契約違反になるケース
■オーバーローンとは
そもそもオーバーローンとは、ローンの残高が不動産評価額より大きい金額になり、不動産を売却しても完済できない状態のことです。
また近年では、不動産取得時に不動産価格よりも多くお金を借りることを、オーバーローンということもあります。
自己資金ゼロで不動産を取得でき、手元資金を残すことができるため、投資サイクルを早くできるのも特徴です。
■破産するリスクがある
デメリットは、破産するリスクがある点です。
お金を多く借りるため、どうしても月々の返済の負担が大きくなります。
また、金利上昇により返済額が増額した場合、返済が難しくなることも考えられるでしょう。
■住宅以外に借入金を使用する
住宅ローンの場合、借入金の使用用途は住宅の取得に限定されています。
つまり、自動車や外構工事などを借入金でカバーすることは住宅ローンの目的に反するため、金融機関との契約違反になりかねません。
融資実行後に契約違反が判明した場合、一括返済を求められることもありますので、事前に契約内容を確認しましょう。
▼まとめ
今回はオーバーローンのデメリットをご紹介しましたが、すべてのオーバーローンが良くないという訳ではありません。
手元に資金を残せることで効率的に投資でき、また自己資金が少ない場合でも不動産の取得が可能、といったメリットもあります。
『松戸市不動産売却相談センター』ではさまざまな不動産売却を行っており、各種ローンについてもわかりやすくサポートしております。
オーバーローンでお困りの際は、松戸市の当社までお気軽にご相談ください。

記事検索

NEW

  • 不動産売却で起こりがちなトラブル

    query_builder 2024/06/15
  • 不動産売却の流れは?

    query_builder 2024/06/01
  • 不動産売却に適したタイミングは?

    query_builder 2024/05/15
  • 不動産を早く売るには

    query_builder 2024/05/01
  • 不動産相続の手続きに期限はある?

    query_builder 2024/04/15

CATEGORY

ARCHIVE