任意売却はいつまでに退去が必要?

query_builder 2023/12/01
コラム
29

不動産を売却する際に気になるのが、退去日ではないでしょうか。
退去日に余裕がなければ、急いで新居の準備を進めなければなりません。
そこで今回は、任意売却の退去日の目安や決め方について解説します。
▼任意売却の退去日について
■基本的に売却後1か月程度
任意売却をした場合、一般的には売買契約締結後1か月程度で退去する必要があります。
これは、買主が早く引き渡しを受けたいという希望が多いためです。
また任意売却は、住宅ローンの返済が困難になった場合に行われることが多いため、早めに退去して新居を探すことが望ましいでしょう。
■退去日は買主と相談して決める
退去日は必ずしも1か月程度というわけではなく、実際には買主と相談して決めます。
買主が急いでいない場合や、売主が新居を見つけるのに時間がかかる場合などは、退去日を延ばすことも可能です。
■売買契約締結後の変更は買主の承諾が必要
売買契約締結後に退去日を変更したい場合は、買主の承諾が必要です。
買主は契約時に決めた退去日に基づいて計画を立てている可能性が高いため、変更に応じてくれない場合もあります。
変更する場合、違約金や損害賠償などが発生する可能性もあるため、売買契約締結後の退去日の変更は極力避けるべきです。
▼まとめ
任意売却の退去日は、一般的に売却後1か月程度です。
ただ買主と相談して決められるため、ある程度ご自身の都合に合わせられます。
売買契約締結後に退去日を変更する場合は買主の承諾が必要なため、慎重に決めましょう。
当社はお客様にご満足いただけるよう、丁寧に不動産売却をサポートいたしますので、初めての方も安心してご相談ください。

記事検索

NEW

  • 遠方から不動産売却をする際の注意点

    query_builder 2024/07/01
  • 不動産売却で起こりがちなトラブル

    query_builder 2024/06/15
  • 不動産売却の流れは?

    query_builder 2024/06/01
  • 不動産売却に適したタイミングは?

    query_builder 2024/05/15
  • 不動産を早く売るには

    query_builder 2024/05/01

CATEGORY

ARCHIVE