任意売却で物件が売れない原因とは?

query_builder 2024/01/15
コラム
34

任意売却は、競売や差し押さえよりもメリットが多いとされています。
しかし、物件がなかなか売れず困っている方もいるでしょう。
そこで今回は、任意売却で物件が売れない原因について解説します。
▼任意売却で物件が売れない原因
■売り出し価格が相場より高い
任意売却では、債権者に返済する金額を確保するために「できるだけ高く物件を売りたい」という気持ちがあります。
しかし、市場価格よりも高く設定すると買い手がつきにくいです。
複数の不動産会社に査定を依頼し、適正価格を知ったうえで売り出し価格を決めましょう。
■物件の状態が悪い
任意売却に限ったことではありませんが、汚れや傷みが目立つと印象が悪くなります。
できる範囲で、清掃や修繕を行うことが望ましいでしょう。
また物件の魅力をアピールするために、写真や説明文を工夫することも効果的です。
■不動産会社が任意売却に不慣れ
任意売却は、通常の不動産売買とは異なる手続きやノウハウが必要です。
そのため不動産会社によっては、任意売却に対応できない場合や対応力が低い場合があります。
そこで、任意売却の経験や実績が豊富な不動産会社を選ぶことが重要です。
▼まとめ
任意売却で物件が売れない原因として、売り出し価格が相場より高い・物件の状態が悪い・不動産会社が任意売却に不慣れなどが挙げられます。
スムーズに取引を進めるためには、任意売却の実績が豊富な不動産会社に相談することが大切です。
当社はさまざまな不動産を売却してきた実績がございますので、物件が売れずお困りの方はぜひご相談ください。

記事検索

NEW

  • 不動産相続の手続きに期限はある?

    query_builder 2024/04/15
  • 相続した不動産の分割方法

    query_builder 2024/04/01
  • 不動産の資産価値を決める要素とは

    query_builder 2024/03/15
  • 不動産の資産価値の調べ方

    query_builder 2024/03/01
  • 不動産会社の選び方

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE