不動産売却で起こりがちなトラブル

query_builder 2024/06/15
コラム
44

大きなお金が動く不動産売却では、トラブルが起こりがちです。
スムーズに不動産売却を行うために、事前に知っておくことをおすすめします。
そこで今回は、不動産売却で起こりがちなトラブル事例と、その対策について解説していきます。
▼不動産売却で起こりがちなトラブル
■支払いトラブル
買主がローンの審査に通らなかった場合、支払いに応じないトラブルが発生します。
このようなトラブルを回避するには、まずは事前にローンが組めるのかを確認しておきましょう。
そしてローン審査に落ちた場合の取り決めを双方で話し合い、売買契約書に記載しておく必要があります。
■境界トラブル
売却前に隣の土地との境界を確定しておかないと、隣の土地の所有者とのトラブルに発展してしまいます。
土地の境界が曖昧な場合は、事前に不動産会社に相談しておきましょう。
■仲介手数料トラブル
不動産会社に支払う仲介手数料についても、トラブルが起こりがちです。
仲介手数料の上限は売却金額によって、3~5%までと決まっています。
これを超える仲介手数料が発生する場合は、支払う必要はありません。
こうしたトラブルを回避するには、契約書に仲介手数料の金額・計算方法を記載してもらうことが大切です。
▼まとめ
不動産売却では「支払いトラブル」「境界トラブル」「仲介手数料トラブル」が起こりがちなので注意しましょう。
安心して不動産売却を行いたい方は『松戸市不動産売却相談センター』まで、ご相談ください。
売却実績が豊富なスタッフが、安心して不動産売却できるよう尽力いたします。

記事検索

NEW

  • 遠方から不動産売却をする際の注意点

    query_builder 2024/07/01
  • 不動産売却で起こりがちなトラブル

    query_builder 2024/06/15
  • 不動産売却の流れは?

    query_builder 2024/06/01
  • 不動産売却に適したタイミングは?

    query_builder 2024/05/15
  • 不動産を早く売るには

    query_builder 2024/05/01

CATEGORY

ARCHIVE