空き家を売却する方法とは?

query_builder 2023/07/28
コラム
8

空き家を売却するには、どのような方法があるのでしょうか。
不動産は大切な財産ですので、最善の方法で売却したいところです。
そこで今回は、空き家を売却する方法について解説いたします。
▼空き家を売却する方法
■そのままで売却する
空き家を売却する方法の1つ目が「そのままで売却する」というものです。
明確な定義はないものの、築20年以内の建物は「中古住宅」に分類されます。
築20年以上の住宅は「古家」に該当し「古家付きの土地」として売りに出す方法が一般的です。
中古住宅への需要が見込める地域であれば、解体や整地の費用をかけずに売却できます。
■更地にしてから売却する
2つ目は建物を解体し、更地にしてから売却する方法です。
建物の老朽化が進んでいる場合や、早く買い手を見つけたい時に適しています。
古い建物がそのままの土地は、買い手にとって負担となる場合もあるでしょう。
その点、すでに宅地用に整備された土地は、注文住宅を建てたい方に好印象を与えます。
■不動産会社に買い取ってもらう
3つ目の方法として、不動産会社に買い取ってもらうという手段があります。
不動産会社に売却するメリットは、スピーディーな取引が行えることです。
ただし市場価格に照らし合わせた場合、売却価格は安くなる傾向があります。
売却の手間をできるだけ省きたい方や、すぐに現金化したい方に適した方法です
▼まとめ
不動産を売却する方法として「そのままで売却する」「更地にしてから売却する」「不動産会社に買い取ってもらう」の3つを取り上げました。
どの売却方法がよいかお悩みの際は『松戸市不動産売却相談センター』にご相談ください。
松戸市の不動産状況に詳しいスタッフが、最適な売却方法を提案いたします。

記事検索

NEW

  • 遠方から不動産売却をする際の注意点

    query_builder 2024/07/01
  • 不動産売却で起こりがちなトラブル

    query_builder 2024/06/15
  • 不動産売却の流れは?

    query_builder 2024/06/01
  • 不動産売却に適したタイミングは?

    query_builder 2024/05/15
  • 不動産を早く売るには

    query_builder 2024/05/01

CATEGORY

ARCHIVE